SHERBET PINK3

三度モデルチェンジ!!BLを中心にとにかくいいと思えるもの垂れ流すブログです。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

水原とおる/The Barber―ザ・バーバー


水原さんいいですね~
グルーミングが仕事ってのも、今の時代ですね。
ひと昔前ではありえないだろ?って感じじゃないかな~と思うのは自分が古いせいなのか・・・
個室でカットからネイルから髭の手入れまでトータルで施術してくれる会員制のメンズサロン。
ISETAN MENに行ってみたくなりました。
メトロセクシャル世代でないと、こんなの成り立たないですもんね。
若くしてオーナー(ニ十代後半ですから素晴らしい)となった主人公には当然パトロンがいます。
それもかなりビックな。結構お歳を召してますが、アッチは現役です。
なぜ出会ったのかなど、うまい具合で挿入されてます。
そんなサロンに来店していたお客の一人が殺されてしまい、それを捜査にきた刑事が・・・
ここまでくればあとは何となく想像できるかと。サプライズはないけれど、とても面白く読めました。
3Pとかにはなりませんので、ご安心を(笑)
一つだけどうしてもNGだったのが受け様がお契りになっているとき、「ああん、ああん」とですね
女性になってしますのが、ものすごく残念。「おう、おう」程度で結構(笑)
まあ、激しいってのは分かりやすいですが、ここだけ女性化しちゃうのは今まで凛々しくあったのにとてももったいないかと思います(女装はしちゃうけど)。
ヤクザものとか基本好きではないので、刑事ものも若干・・・と思い迷っていた部分はあったのでが、今回は当たりでした。
水原さんにしてはイタイ話ではないので、そのあたり気にされてる方も安心して読めるかと思います。
美味い具合にスピンオフも作れそうな余韻を残してるのもさすがです。
絶対、サロンのスタッフの一人と、刑事の相棒(エリートちゃんです)とのカプー気になるって人いるはず!!
スポンサーサイト

 

ワイルドスピード MEGAMAX

これぞポップコーンムービー!!
いつもこ難しく考えないでスカッと見る。
これは見ないとだめでしょう。

なんかヴィンディーゼルのいかち~感じが若干薄れてきたのは年のせいなのかなんなのか?
MIシリーズやらミニミニ大作戦やらオーシャンズシリーズやらそんな感じの展開です。
思いっきり前作の続きからですが見る分にはほぼ問題なし。
覚えてなくても大丈夫です。ま、せめてDVDになってますので、MAX~MEGAMAXと続けてみたほうがすっきり感も倍増するかも・・・
イケメンズもイケマンズも堪能できる映画です。
カーアクションも凄いが、高そうなスポーツカーもがっつり出てきます。
ポールウォーカーもかっこいいし。
ストーリー的には、何らま新しいことはないかと思います。
悪人から金を巻き上げるのもいい感じです。
かなりの黒字になってるようなので、ポールウォーカー人安心ですね。
一時期低迷したたからな~思いのほかブレイクしきれないのはなんなんでしょ、この人。

邦題の付け方もアホっぽくていいんじゃないでしょうか?

最大の?見所はヴィンちゃんとポールの友情ともライバルともとれる関係でしょうね。
ブロマンス?っていうらしいですが、ホームズみたいなラブラブ感はないですが
ご祝儀で(ヴィンの妹の妊娠がわかって・・・ちなみにヴィンの妹とポールが付き合ってるって設定です)
勝負に負けてあげたり、それが分からず喜んでたら他の仲間に指摘されていじけちゃったり。
いいじゃないですか、幸せならば。
  

  

 

黒沢要/水の春

かわいらしい話でした。
生々しくなく、自分の中でのプランタンっていうと、文庫のイメージが強いせいか
ドピンクでキラキラしたものってのが強く印象に残っていたのですが、
ものすごく透明感な感じがある作品でした。穂波ゆきねのようなかわいらしさと木下けいこのようなしゅっとした部分と足して割った感じとでもいいましょうか。
焦るでもなくただ、淡々と丁寧にことが進んでいく印象でした。
ただ、印象に残りにくいのが残念なところです。
ひとつひとつ綺麗すぎちゃって・・・な感じですね。
センシティブBLとして読むとほぼ満足できるでしょうが、エロもないとねとなると若干評価も下がるやもしれません。別にエロがないから駄目と言ってるわけではないですがやっぱエロもないとね~
あ、全くエロがないわけではないです。読者に想像してと委ねられてる部分が多分にあるエロシーンが入っているんですが・・・
読んでは損はしないと思います。
あとは、感覚の問題ですかね。一生残しておきたいBLとなるかは。



 

サンクタム

ジェームスキャメロンのサンクタム・・・
特別、ファンタジーでもなく人間群像劇ですね。
個人的には探検家に対してのロマンはあまり分からないので、こんなものかと。
物語的には至って簡単。ひねりもないです。
まあ、事実にもとずきってやつなので・・・未知の生物や化け物なんて出てきません。人間の天敵は人間。
事実としてこんなことがあった当事者としては感慨深いものがあるのかもしれませんが、物語として見てしまうとちょっと物足りない感じです。
感想としてはそうなんだ・・・としか言いようがない(笑)
探検家の父とそれを認められない息子との関係を軸に深く考えれば安楽死であったりといろいろ考えさせられることはあるものの、全てのことに対して出しつくされた感がある物語なので、むしろ何か出してくれ的な感じでした。

   


 

プリースト

神父VSヴァンパイア。
ここでのヴァンパイアはほぼエイリアンです。
それだけだと話が流行らないと思ったのか、ハーフヴァンパイア(元神父)を出して、
ヴァンパイア軍を率いらせて異種族なりの悲哀をだしましょうみたいな感じです。
映像的にはちょい暗い感じで好きです。
バーレスクのキャムも出ていてちょいとびっくり。熱血保安官だったか?を熱演。
残念なことに、キャムちゃんの顔的にも演技的にもキャムじゃなきゃと思えるものがないことでしょうか。
素人目から見ると、別に顔的にはコリファレルとか役柄的にはクリスパインとかさでいいのでは?と。
ヒット作はあるはずなのに、あたり役がないのがつらいとこですね。
アジアンビューティー・ニキータの主役をやってる人も(マギーQ)神父さんとして登場。処女の役です(笑)
監督さん「レギオン」スコット・スチュワートですと。
なんか、レギオンは結構まだプロローグじゃんよ~ってとこで終わってますが、今回はここで終わるなら納得かなというとこで終わってます。ま、続編作るき満々なのは愛嬌でしょう(笑)
主人公のかたはUKのかたのようでPaul Bettanyさっというかたらしいです。
ダビンチコードとか、出演作はをみると結構見てるはずなんですが・・・頭の悪いせいで印象なし・・・

分かりやすいですね。興行収入的にはとんとんぽいので、商業的にはあまり・・・な感じでしょうが・・
過去を捨てて修道士にとか神父同士の恋愛であったり、ヴァンヴァイア側の言い分、人間=教会への不満、アクションもあるし。いいんですが、ポップコーンムービーにするには重すぎるし、真面目にみるには浅はかすぎるという要はDVDで見るにはいいけれど、映画館で見るとちょっとお値段分の価値ありと思えない作品かな~と思います。
残念ながら突っ込み始めると次々に出てきてしまうんですね。
ヴァンパイア御一行様お電車にておな~り~ってのも個人的にはど~よとか
神父のくせにそんな簡単にヴァンパイア側に寝返るなよとか
たとえば主人公の兄弟の娘(実は主人公の子供)が辺境の地に住んでいてそこからさらわれるんですが、いくら仕事だからって危ないとわかってるならそんなとこに住むなよとか、理由ずけを描いてはいるけど、ちょいと浅はかちゃん?と感じてしまいます。
ヴァンパイア物がヒットするハリウッド映画としてはちょっとね。逆に日本的にはいいかもしれません。
自分は嫌いじゃないです。わかりやすいしね。頭使わなくていいし。




 

IN TIME

内容ないよう映画(笑)
家に帰って調べたらガタカの監督さんだそうで・・・
もはやどんなだったか覚えてないけど作風は変わってないかな?
雰囲気映画です。複線引きっぱなしで放置プレイ大好きなら大満足なんじゃないでしょうか?
世界観的には好きなのでブルーレイとか出たら買うかもしれないけど・・・
雰囲気重視が苦手な人には厳しいかも。

にしても、ジャスチン・・・このままじゃラズベリー賞行っちゃうんじゃね?的な(笑)
セクシーバックのオーラはスクリーンでは発揮されなかったような気が致します。
その分マットボマー様存在感バリバリです。
淫ちめ

 

« »

03 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

shin

Author:shin
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
FC2カウンター
フリーエリア
キーワード:

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
blogram
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。